• ホーム
  • 性感染症になってしまったと思ったら必ず検査をしよう

性感染症になってしまったと思ったら必ず検査をしよう

2019年11月19日
男性と話している女性

性感染症に感染したと思うような自覚症状があったら必ず検査を受けましょう。確証がなくても疑わしい場合は早めに確認することをおすすめします。

何故なら、自分の身を守るという以外に大切なパートナーや周囲の人たちに感染させないという意味でも早めに確認する必要があるからです。確認の結果、感染していなければ問題はありません。その逆で、やはり感染していたらすぐその性感染症に応じた治療を開始できるため、結果に関わらず検査をして損をするということはありません。

はっきりとした結果が出ることで安心できる精神的なメリットもあります。検査を受けずに不安な日々を過ごすよりも早めに確認してすっきりしましょう。多くの病気と同じく、性感染症も早期発見することが望ましいのは言うまでもありません。初期段階であれば短期間で大したことなく治療できる性感染症でも、放置して症状が進行して重症化すると取り返しのつかない深刻な結果を招くことがあります。

重症化する前に早期発見し、初期段階で治療することが大切です。パートナーのためにも常に予防の意識を持って、早め早めに適切な行動を取ることを心がけましょう。性感染症の検査は病院で受けられます。また、全国の保健所では無料で匿名にて性病の検査を受けることが可能です。ほとんどの保健所では毎月、さまざまな性感染症の検査を実施しています。

日程や時間は保健所によって異なるため、詳しい部分はお住いの地域の保健所に問い合わせをして確認しましょう。多くの場合、保健所で確認してもらうには予約が必要です。日程や予約方法に関してはそれぞれの保健所のホームページで確認すると良いでしょう。また、電話相談を受け付けている保健所もあります。検査を受けることに対しての不安や不明点がある場合はまず電話で相談するのも良い方法です。

性感染症の種類によっては自宅で自分で確認ができる検査キットがある場合もあります。仕事の都合などで、病院や保健所が開いている時間に行けないという人は、このような検査キットを活用して自宅で確認すると良いです。検査キットは薬局やインターネットの通信販売で購入できます。性感染症はデリケートな問題であるため、そのような話をすることも避けてしまいがちですが正しい知識を持って的確な対処をすることは非常に重要です。性感染症は早めに対処すれば怖くありません。早め早めに対処して性感染症のリスクを軽減させましょう。