• ホーム
  • 女性がトリコモナスに感染するとオリモノの悪臭がする

女性がトリコモナスに感染するとオリモノの悪臭がする

2019年12月20日

トリコモナスは主に性行為が原因で感染する膣感染症です。感染する人の年齢層は幅広く、女性が感染する性病としては比較的ポピュラーな疾患です。一度完治しても再発を繰り返すことがあるため、しっかりとした治療を行う必要があります。

自分は完治していても性交渉によってパートナーからまた感染してしまうケースもあります。比較的、自覚症状がない性病であるが故、自分が感染していることに気づかず性交渉をしてパートナーに感染させてしまうことも多いようです。

女性がトリコモナスに感染すると膣から異臭のするオリモノが出る、陰部のかゆみという症状があります。さらに症状が進行するとオリモノに血が交じることもあります。かゆみなどの症状がある場合は感染している可能性があるため、早めに検査を受けたほうが良いでしょう。一般的に、感染している時のオリモノの量は増え、カッテージチーズのような臭いがすると言われているため、カッテージチーズのような臭いを感じた場合は要注意です。潜伏期間は早くて3日、長くても1ヶ月ほどです。だいたい10日前後が平均的な潜伏期間と言えるでしょう。

トリコモナスは男性にも感染することがありますが、男性の場合は感染しても自覚症状が出ないことも多いため、潜伏期間が過ぎても感染に気がつかないことも多いようです。トリコモナスの治療薬としてはフラジールなどの抗菌薬がよく用いられます。

フラジールには内服錠のほかに膣に直接作用させる膣錠タイプの抗菌薬もあります。このような治療薬を服用することによって、トリコモナスの原因となっている原虫を殺虫できます。体内の原虫が殺虫されることによっていなくなると各種症状も治まります。トリコモナスに対して有効なフラジールですが、脳や脊髄に病気のある人には使用できないことがあります。そのような病気がある場合は事前に医師に伝えてしっかり確認しましょう。

また、その他の持病やアレルギーがある人も服用前に医師に相談する必要があります。肝機能障害がある人が服用すると血中濃度が上昇しやすい傾向もあります。妊娠中の人もフラジールの利用は注意が必要です。他の薬との飲み合わせや食べ合わせにも気を配ることが望ましいです。基本的に服用中はアルコールに弱くなり悪酔いするリスクが高まるため、飲酒は避けるべきです。普段はお酒に強い人でも服用中は少量のお酒で嘔吐や腹痛などの体調不良を起こすことがあります。